高校生が身長を伸ばす方法
効果があるサプリメントは?



高校生くらいになってくると、身長の差がはっきりと表れて、身長が低くて悩むという人も増えてきます。

中学生あたりであれば、まだまだこれから伸びるのではと思う人もいても、高校生になると身長の伸びの終わりが見えてきてしまいますし、そのまま止まってしまう人も出てきます。

ですが、高校生になったからといって完全に身長がそこで止まるというわけではありません。

高校生くらいになってから身長を伸ばしていくにはどのような方法があるのか、その方法についてここでは話をしたいと思います。

身長を伸ばす方法なんてあるわけない?遺伝で決まる?

身長に関してはいろいろな説が出ています。
身長を伸ばす方法なんてあるわけがなくて、遺伝で決まってしまうもの。両親の身長が低いのでしかもうどうしようもないというような諦めモードの人もいるかと思います。

でも、実際には両親の身長と子供の身長が全然関連しないようなケースも多くあります。両親の身長を軽々と越えてしまうような子供、両親が高いのに子供は低いというパターン。また兄弟間で身長が全然違うということもあります。

遺伝で決まる範囲がどれくらいなのかというのは諸説ありますが、20~30%でしかない説もあります。
また遺伝だけで決まるというのは絶対に断定できません。

何故なら食生活において人の身長は変わるということは証明されているからです。

日本人の身長は伸びてきて、そして止まってきている

日本人の身長については昔からずっと一定だったわけではありません。
戦前の日本人の平均身長は男性160cm、女性149cmという時代もありました。今よりも約10cmも低い状態だったのです。

そしてそこからどんどん平均身長は伸び続け男性170cm前後、女性158cm程度まで伸びてきました。

この伸びはとても遺伝では説明できません。遺伝であれば平均としては変化は出ないからです。
ここまで伸びた理由としては主に「食生活が変化した」ということになるのでしょう。

食生活が欧米化して、その結果身長が伸びることになったのです。食生活、生活習慣の影響を大きく受けるということがわかります。

最近では、身長の伸びは停滞してしまいました。むしろ少しずつ下がってきているとも言われています。
これははっきりとは断定されていませんが、食生活の乱れや睡眠時間の減少等が考えられるのではないでしょうか。

このように身長については生活が影響してくるため改善のしようがあるものとなるのです。

基本は食事・運動・睡眠

身長を伸ばす方法としては基本的には食事・運動・睡眠といった要素が影響してきます。

よく食べ、よく運動して、よく眠るということが大事になってきます。
運動に関してはよくバスケットボールやバレーボール等の縦に伸びる運動が良いと言われていますね。縄跳びも良いと言われています。

必ずしもどのスポーツが良いということは証明されているというわけではありませんが、基本的に運動をするということは成長ホルモンを促進させることになるのでよいことになります。

ただし、筋トレに関してはあまりにも過度なものはNGということ。過激なレベルでなければ適度なものは問題ないでしょう。

運動よりも大事なのが睡眠と食事です。
睡眠に関しては寝ている間に成長ホルモンが促進されやすい、身長が伸びやすいという要素があります。

夜更かしは身長に対してはマイナスです。伸ばしたいと考える人はなるべく夜更かしは避けるようにしましょう。

食事は一番大事なものになります。平均身長が伸びたということも食生活が大きいと考えられています。やはりよく食べるということ。
食べて栄養をしっかりと取り入れれば身長が伸びる可能性は高くなります。

まだ学生のうちから食事制限のダイエットをすることは好ましくありません。身長の伸びに影響が出るため、伸ばしたいのであればしっかりと食べる。それも栄養価の高いものを食べていくべきです。

カルシウムだけでは身長は伸びません

よく言われているのが身長を伸ばすためにカルシウムを摂ればいいというものです。カルシウムをとるために牛乳をガンガン飲んだという人もいるでしょう。

でも、その結果として牛乳が好きなのに思ったほど身長が伸びなかったという人も出ています。カルシウムは必要な要素の一成分であって、それだけを摂って身長が伸びるわけではないのです。

カルシウム以外にもビタミンやたんぱく質をしっかりと総合的に摂る必要があります。
アミノ酸の一種であるアルギニンがよく身長を伸ばすという説もありますね。

アルギニンを含む食材としては、大豆、肉類、魚介類、牛乳等があります。やはりきちんとした食生活を送るというのが前提ということになります。

サプリメントを利用するという方法は?

身長を伸ばすということをネットで調べると、サプリメントを紹介するようなところも多くあります。
このサプリメントに関しては本当に身長が伸びるのかどうかというところでまたさまざまな説があります。
サプリメントでは効果がないなんて、意見もあります。

ですが、「食生活によって身長が変わる」という事実がある以上、サプリメントによって栄養を満たすというのは、身長を伸ばす効果があるということが言えるかと思います。

日常の食事でバランスがよい食事をとることと、サプリメントによって栄養をとること。全く同じであるとはいえないまでも、理想の栄養素がサプリメントでとることができれば十分効果は見込めるのではないでしょうか。

サプリメントの形状は大きく3種類

サプリメントの形状は大きく3種類に分かれます。
一つは水で牛乳等で割る粉末ジュースタイプ、他には、そのまま飲み込む錠剤タイプ、味がついているタブレットタイプがあります。

どのタイプが良いのかどうかというところは、好みの問題になってきます。
本格派のタイプは大体粉末ジュースタイプか、錠剤タイプとなっていて、味付きのタブレットタイプは小さい子供用のものが多くなっています。

粉末ジュースタイプだと味がおいしくて飲みやすいという意見もありますが、毎回飲むものだとだんだんと飽きてくるという意見や味が合わらなければもうそれで続けられないという意見もあります。

錠剤であれば飲むだけなので楽なことは確かですが、毎日飲むのは嫌、錠剤が苦手という人もいるかもしれません。

特定の形状にこだわる方はその形状のものを選べばいいですが、そうではない場合は効果に注目した方がいいかもしれません。

おいしくても、続けやすくても効果がなければ仕方がありません。身長サプリは一生飲むようなものではなく、あくまで成長期の時期の身長アップを促進するもののため、割り切ってなんでも試してみるという気持ちも必要なのかなと考えます。

おすすめのサプリメントは?

サプリメントによって身長は伸びる可能性が高まるという話をしました。ではどんなサプリメントを選べばいいのでしょうか?

高校生になってくると、身長の伸びというのは中学生頃と比べて悪くなってくるというのが通常です。高校1年生で大きく伸びるのはよくありますがそれ以降はなかなか厳しくなるというのが現実でしょう。

そこから伸ばしていくにはなるべく高校生に適したサプリメントを飲むべきでしょう。

一番おすすめしたいサプリメントは「プラステンアップ」になります。
なぜおすすめできるのか、それはプラステンアップが中学生・高校生を対象としたサプリメントとされているからです。

他のサプリメントも比較してほしいのですが、身長サプリメントといっても、必ずしも高校生くらいの年代に適しているとは限らないのです。

販売ページを見ていると、対象が小学生くらいの小さな子供に設定されているものも多くあります。小学生で背が低くて悩んでいるということと、高校生で背が低いということは、完全に同じとはいえないですよね。

もちろん背が伸びるための栄養素ということにはなってくるので共通点はありますが、中学生・高校生を対象としているサプリメントの方がよい高い効果が見込める可能性があるということになります。

定期コースも回数の縛り等がなく、注文しやすい仕組みになっています。

プラステンアップが選ばれる6つの理由

プラステンアップの販売ページには選ばれる理由として6つのものが挙げられています。

1.成長期に欠かせない栄養素が1杯で補える
2.アミノ酸18種類をバランスよく配合
3.吸収効率をとことん追求した配合バランス
4.低カロリーでしっかり補給
5.沖縄に伝わる休息ハーブ「クワンソウ」配合
6.スーパーフード「スピルリナ配合」

それぞれを見ると、成長期(中学生・高校生)に特化して作られているということがわかります。
個人的には休息ハーブのクワンソウにも注目です。
栄養面だけでなく休息ハーブのクワンソウを入れることによって睡眠の質があがり、それによって成長ホルモンの分泌促進が期待できるものになります。

成長期の睡眠がどれだけきちんととれるか、ただ眠るだけでなくその質がどうなのかというところは身長を伸ばす上でかなり重要なことです。この部分までサポートしてくれるのはプラステンアップならではのメリットとなるでしょう。

クワンソウの効果とは?

プラステンアップの特徴の一つとして休息ハーブ「クワンソウ」が配合されているということを書きました。

このクワンソウとはどのようなものなのか、詳細を調べてみると、沖縄県ではクワンソウという言葉で出ていますが、一般的な名前ではアキノワスレグサとも呼ばれるようです。

このクワンソウには「オキシピタナニン」という成分が含まれています。
この成分が睡眠改善剤として日本で特許を取得しているものになります。(特許番号:第5354741号)

睡眠改善効果があるということですが、睡眠中に異常な脳波を示すことはなく、薬物としての危険性はないということは証明されています。

副作用の心配なく、睡眠改善の効果が得られているというものです。

うちの子供は夜きちんと眠れているし、睡眠に関する問題はない、という人もいるかもしれません。

でも、本当にすぐに眠れているのか、寝られていても深い睡眠が得られているのか、疲れが取れて朝きちんと快適な状態で起きられているのか。これは本人以外にはわからないところもありますし、本人ですら、夜中の眠りの深さや疲労回復という点では実感できないところも多いと思われます。

若いときは徹夜をして勉強しても意外となんとかなってしまったり、体力がもともとある時期になるので、ベストな休息が得られていないとしてもなんとかなってしまうというところもあるのです。

深く眠る時間が少なければ、それだけ成長ホルモンが分泌する時間、量が少なくなり身長が伸びない可能性が出てきてしまいます。

栄養分を必要な分しっかりととっていても、睡眠で問題があれば台無しということもあり得るわけです。

何が原因で子供の背が伸びていかないのか、原因を特定するというのは難しいものです。睡眠の質の改善が見込めるクワンソウの成分、このクワンソウを取り入れているプラステンアップには注目したいところです。

他の身長サプリメントのご紹介

一番おすすめのサプリメントとしてプラステンアップを紹介していますが、やはり他のサプリメントも比較してみたいという人も多くいるかと思います。ここではその他の有力なサプリメントを紹介したいと思います。

1.ドクターセノビル

ドクターセノビルは古くからある人気のサプリメントとなっています。ドクターセノビルの特徴は1日に摂ることのできるアルギニンの成分量が5000mgとサプリメントNo.1のポジションをとっているというところにあります。その代わり価格は高めとなっています。
対象は前年代ですが、アルギニン量No.1は注目したいところになってきます。

ドクターセノビル詳細はこちら

2.カラダアルファ

カラダアルファのサプリメントは他のサプリメントと異なり、錠剤タイプのサプリメントになります。身長サプリはジュースタイプのサプリメントが多いなか、錠剤タイプは珍しいものです。
ジュースタイプだと飽きるという人の場合、カラダアルファはおすすめできます。こちらの会社は成長のことをかなり研究しており、社員もサプリメントアドバイザーの資格をとったりと、販売者の評価も高いところになります。
タイプがまた異なるサプリメントとして注目したいところです。

カラダアルファ詳細はこちら

3.アスミール

アスミールは全年代対象の王道のサプリメントになります。ココア味で水や牛乳で割って飲むというもので、飲みやすい味で続けやすいというところもあります。
小倉優子さんを使ったプロモーションで人気となっているところ。栄養成分もしっかりと開示されているので安心して使えます。
カルシウムもトリプルカルシウムとして吸収率を上げる工夫がされています。

アスミール詳細はこちら

ここでは、プラステンアップに追加して3種類のサプリメントを紹介させていただきました。
おすすめはプラステンアップということにはなりますが、他のサプリメントの方が合うという人もなかにはいるかもしれません。

サプリメントには個人差、相性があるものになりますので気になるという方は他のものもチェックするようにしてみてください。

何を選んでいいか迷うという方は、中学生・高校生を明確に対象として作られたサプリメント、プラステンアップがおすすめですね。

高校生の子供に合うサプリメントを上手く使って、残された成長の期間を最大限活かしていけるように頑張ってみましょう。